NEW POST

八軒家浜のマガモのカップル

 これまで八軒家浜で、巨大なアヒルの子カルガモの母子達を見かけて来たのですが、平成24(2012)年5月30日朝、マガモのつがいがくつろいでいました。

a0060052_7452170.jpg
 
 向かって右の色鮮やかな方がオス、左がメスです。自然界の常として、オスの方が派手です。

 2羽の微妙な距離感が気になりました。上手くいっていないのかもしれません。

 なるべくお邪魔をしないように撮影したつもりなのですが…。

a0060052_746548.jpg
 
 数回シャッターを切ったところで、大川の中程へと去って行かれました。オスの方がさかんに「ゲゲゲ」と言っていました。私は「野暮な人類がいるな」と日本語訳しました。

 都会の川とはいえ、岸に小魚が黒々と集まって来ていたり、大きな魚が跳ねたり、帰化獣のヌートリアがやって来たり、鵜(う)がウナギをくわえていたりと、自然界の営みがあります。

[PR]
by manewyemong | 2012-05-30 07:48 | 博物誌 | Comments(0)

「あのシンセサイザー奏者が出しているあのシンセサイザー音はあのシンセサイザーで出してんのか!いっちょあのシンセサイザー買いにいくか!」よりも、「価値あるものを買うのではなく自分で価値を作れる人間は強い」(岡崎武志「女子の古本屋」より)でありたいと思います。


by manewyemong