NEW POST

micro KORG-BKBKを見せていただきました

 去る平成24(2012)年11月10日に発売されたmicro KORG10周年記念のカラーバリエーションモデル、micro KORG-BKBK。

a0060052_8525472.jpg
 
 micro KORG-BKBKは白鍵/黒鍵、そしてフロントパネルが黒いモデルで、他に白鍵が黒、黒鍵とフロントパネルが赤のmicro KORG-BKRDがあります。

a0060052_110062.jpg


a0060052_1103897.jpg
 
 ちなみにmicro KORG-BKBKをフルブラック、micro KORG-BKRDをブラック×レッドといいます。

a0060052_8534657.jpg
 
 micro KORG-BKBKの仕様そのものはmicro KORGと同じであり、既にmicro KORG試奏記をあげているのですが、micro KORG-BKBKの画像に加え、初めて手許での試奏という事で気付いた事を書きたいと思います。

a0060052_1333812.jpg



a0060052_8542331.jpg
 
 比べてみると、当然ながらmicro KORG-BKBKは黒々としています。まさに真っ黒コルグ。

a0060052_13104368.jpg


a0060052_855130.jpg
 
 側面の化粧板も黒。黒く塗られたものなのか、特に黒い木を使ったものなのかよく確かめませんでした。

a0060052_1345275.jpg



a0060052_8553581.jpg
 
 プログラムセレクトもつやのない黒。私はここが妙に気に入りました。

a0060052_8555641.jpg


a0060052_8562513.jpg
 
 ホイールと鍵盤。

 普段の環境で試奏して知ったのですが、micro KORGの鍵盤、音らしい音がしません。静かです。鍵盤の静粛性に関して、これほど申し分の無いモデルは無いと思います。小さな体と合わせて日本の住宅事情に合っていると思います。

a0060052_1392619.jpg



a0060052_856418.jpg
 
 リアパネル側。

 白い「KORG」のロゴが映えています。

 細かい事なのですが、micro KORGのMIDIは、IN、OUTだけでなく、THRUもあります。micro KORGが出た平成14(2002)年、MIDIはまだ今よりも使用頻度の高いインターフェイスでした。もちろんDAWを持っていない私にとって、今も唯一のインターフェイスです。

a0060052_8571666.jpg
 
 今回micro KORG-BKBKを、楽器店ではなく自分の環境で試奏させていただいた事で、ワークステーション機との音の風合いの違いをより明確に知覚する事ができました。そしてそれは両者が競合するのではなく、今の私にとってどちらも必要であると思いました。

 来る平成25(2013)年、コルグは創業50周年なのですが、もしそれに合わせてmicro KORGの記念モデルを作るとしたら、デコラティブジャパン(絢爛なる日本)感を美意識の中心に据えている私としては、金箔や漆をベースにした、安土桃山時代の威風を感じるようなゴージャスなmicro KORGをと思うのですが…。ワークステーション機はともかく、micro KORGの金箔/漆の蒔絵モデルなら、もしかしたら買えるかもしれません。

 ちなみにモーグからminimoog voyager10周年記念として、フロントパネルに金を施されたゴージャスなモデルが発表されています。目に眩いシンセサイザーです。


平成25(2013)年9月5日追記。

 金箔や漆とまでは行かなかったものの、上記で希求した金色のmicro KORGが実現いたしました。

 micro KORG GD及びKORG KROME-61のカラーバリエーション機が出ますmicroKORG Sが出ますmicro KORG PTが発表されましたに続きます。


micro KORG
http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/microkorg/

限定プレミアムカラーモデル
http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/microCOLOR/

10th anniversary minimoog voyager
http://www.youtube.com/watch?v=oR75HPWEIok

[PR]
by manewyemong | 2012-11-14 08:58 | シンセワールド | Comments(0)

シンセサイザー、デコラティブジャパン(絢爛な日本)文化、絵巻、屏風、浮世絵、都市散歩、神社が好きです。鈴木春信の春画「風流艶色真似ゑもん」にちなみました。


by manewyemong