NEW POST

micro KORG GDを見ました

a0060052_19493030.jpg
 
 implant4さんでアナログモデリングシンセサイザーmicro KORG GDを試奏させていただきました。平成28(2016)年9月26日の時点で、在庫リストにあります。


a0060052_19501237.jpg
 
 micro KORG GD発表時、micro KORG GD及びKORG KROME-61のカラーバリエーション機が出ますで採り上げています。

 カラーリング以外、micro KORGとの違いは無いので、画像の掲載のみとします。


a0060052_19504895.jpg
 
 全景。こうして見ると、つまみの縁(へり)の部分とホイール以外、黒色がありません。


a0060052_19511715.jpg
 
 ホイール。筐体の部分がチョコレート色だという事がわかります。


a0060052_19514422.jpg
 
 鍵盤。見えにくいのですが、黒鍵は筐体と同じくチョコレート色です。


a0060052_09272616.jpg


a0060052_09275267.jpg


a0060052_09281992.jpg
 
 フロントパネル。


a0060052_19521455.jpg


a0060052_19523814.jpg
 
 つまみのトップは、文字通り金色(こんじき)です。


a0060052_09345933.jpg
 
 コルグのアナログモデリングシンセ伝統ともいうべき、操作子が指した数値と操作されたパラメータの保存値が一致すると点灯する、オリジナルバリューランプ。


a0060052_19535040.jpg


a0060052_19542270.jpg
 
 リアパネル側もチョコレート色です。

 私は平成24(2012)年11月14日にアップしたmicro KORG-BKBKを見せていただきましたで、

来る平成25(2013)年、コルグは創業50周年なのですが、もしそれに合わせてmicro KORGの記念モデルを作るとしたら、デコラティブジャパン(絢爛なる日本)感を美意識の中心に据えている私としては、金箔や漆をベースにした、安土桃山時代の威風を感じるようなゴージャスなmicro KORGをと思うのですが…。ワークステーション機はともかく、micro KORGの金箔/漆の蒔絵モデルなら、もしかしたら買えるかもしれません。

ちなみにモーグからminimoog voyager10周年記念として、フロントパネルに金を施されたゴージャスなモデルが発表されています。目に眩いシンセサイザーです。

としました。

 そして平成25年9月5日、

我が目を疑うような姿、

安土桃山時代の威風を感じる

micro KORG GDが発表されたのですが、罰当たりな事に、買い損ねてしまいました。本当に東京都稲城市のコルグさんの方角へ足を向けて寝られません。

 そして、平成28(2016)年9月25日、microKORG Sが発売されました。私は既に試奏しましたが、micro KORG GDとは異なる華(はな)を感じました。

 C、Dバンクが増えたという性能差を考えると、microKORG Sかなと思う一方、信じがたいほど我が意が体現されたmicro KORG GDをとも思えます。もはや中古機を探すしか無いのですけどね。


a0060052_19555834.jpg


[PR]
by manewyemong | 2016-09-26 20:01 | シンセワールド | Comments(0)

シンセサイザー、デコラティブジャパン(絢爛な日本)文化、絵巻、屏風、浮世絵、都市散歩、神社が好きです。鈴木春信の春画「風流艶色真似ゑもん」にちなみました。


by manewyemong