NEW POST

「赤い櫛」(アルバム「遠野」より)

 アルバム「遠野」には、詩人の斎藤彰吾さんによるライナーノーツと柳田国男の「遠野物語」「拾遺」およびそれらには収録されていない遠野の伝説や昔話にちなんだ詩が各曲に添えられているのですが、「赤い櫛」のそれは要約すると、

渕の水面に赤い櫛が浮いて回っていて、渕底に羽の生えたような大木があった。ある朝、鐘の音とともにその木が空高く舞い上がって石上山の方へ消えて行った、木には美しい娘がまたがっていた

という、何だか脈絡の無い夢の中の出来事のような内容です。

 旋律も音も捉えどころの無い感じがするのですが、曲がこの伝説の成り行きに添う形で展開していくことや、この伝説に触れて後に感じる何だかけだるい夢幻感を上手く表現できていることがこの曲の魅力だと思います。

 メロディの少々音程の悪い口笛のような音はアナログシンセのVCFの自己発信音で、VCFのキーボードトラック(またはキーボードフォロー)をきちっとした平均律ではなく、少し狂わせて設定していると思います。

 曲の冒頭等で聴こえる二つの鳴りものや撥弦のグリッサンド奏の音は、いずれも東南アジアの楽器と思われます。二つの鳴りものはベトナムの民族音楽のCDで聴いたおぼえがあるのですが、楽器名等すっかり失念してしまいました。グリッサンドに使われた撥弦楽器は、所謂“ビルマの竪琴”だと思うのですが、これもはっきりとはわかりません。

 マイク・オールドフィールドさんがBGMを担当した映画「キリングフィールド」(ローランド・ジョッフェ監督)のいくつかの曲で、「赤い櫛」で使われたのと同じ鳴りものが使われています。最も分かりやすいのはエンディングタイトルロールで使われた「Etude」(原曲はフランシスコ・タレルガ作曲「アルハンブラの思い出」)です。マイク・オールドフィールドさんはこれらをそのまま録音したのではなく、オーストラリア・フェアライト社製サンプラーCMI(Computer Musical Instrument)に収録して使ったと思われます。ちなみにFairlight CMI、発売当時のお値段¥12,000,000也。

 また「赤い櫛」冒頭等で聴こえる「シャー、シャッシャー…」という電子音、これはボコーダーRoland VP-330 Vocorder Plusです。マイクに向かって喋りながら鍵盤を弾くというのが演奏法です。「えんぶり」(アルバム「姫神」より)「武夫のテーマ」(映画「遠野物語」オリジナルサントラ盤より)等でも使われています。

 KORG MS2000シリーズmicro KORGのボコーダー機能を試す時、私の同世代はYMOの「テクノポリス」冒頭の「トキオ」を話すことが多いのですが、私はどうも「シャー、シャッシャー…」と言ってしまいます。

 姫神せんせいしょんが「春風祭」「早池峰」で炊事用のボウルを楽器として使ったひそみにならって、つまらない事を考えてみました。「シャー、シャッシャー…」をボコーダーを使わずにやってみましょう。ハーモニカを用意します。そして少しでも多くの穴を塞ぐ為に、口を横に大きく開いて、主に低音部の穴を塞ぐようにしてハーモニカをくわえます。そして「シャー、シャッシャー…」と、声を出さずに言ってみて下さい。ボコーダーの音に聴こえませんか?、聴こえませんね、すみません。

[PR]
by manewyemong | 2006-07-07 20:52 | 音楽 | Comments(0)

「あのシンセサイザー奏者が出しているあのシンセサイザー音はあのシンセサイザーで出してんのか!いっちょあのシンセサイザー買いにいくか!」よりも、「価値あるものを買うのではなく自分で価値を作れる人間は強い」(岡崎武志「女子の古本屋」より)でありたいと思います。


by manewyemong