NEW POST

KORG M3-88試奏記

 コルグのワークステーション機M3のシンセサイザーエンジン部分等に関して、既にKORG M3KORG M3-61試奏記(1)KORG M3-61試奏記(2)店頭で喜多郎mini KORG 700Sリードを作る方法(KORG M3の場合)で触れています。今回の記事では、KORG M3の88鍵機M3-88の鍵盤や鍵盤とシンセエンジン部分の関係について記したいと思います。

 M3-88は、これまでコルグのデジタルピアノに採用されて来たRH(リアルウェイテッドハンマーアクション)3鍵盤が、初めてシンセサイザーに導入されたモデルです。

 コルグのワークステーション88鍵機の鍵盤には、これまでT1と姫神の田瀬湖畔スタジオでマスターキーボードだった01/W pro Xのもの、TRINITY pro X、N1、TRITON pro Xのもの、そしてTRITON STUDIO 88、TRITON Le 88、OASYS 88、TR 88のRH2鍵盤がありました。

 私はかつてKORG T1、TRINITY pro XをMIDIマスターキーボードに使っていました。鍵盤の感触が良かった事に加え、61/76鍵よりも押鍵及び離鍵時に出る「バコッ」という音が比較的小さい事がその理由です。その後、KORG KARMAやTRITON Le 61、76といった鍵盤の雑音の小さいモデルが出て来た事もあり、88鍵機に対する興味が薄くなっていました。

 しかしながら約3年前にシンセ趣味を再開して以来TRITON Le 61を使っているものの、鍵盤に関して強弱やスタッカート/レガートの弾き分けに、時にむしろ88鍵機以上に手に力を込める必要があり、私の昨今の著しい加齢の影響もあってか、長い時間弾いていると手の疲れが顕著になりました。シンセサイザーの鍵盤に関して、むしろ私のような演奏に長けていない人間こそ鍵盤の感触にこだわるべきなのかもしれません。

 先日上京したおり、M3-88に触れる機会がありました。大阪市内の楽器店ではKORG OASYS 88はよく見かける(むしろ76鍵機が無い)のですが、M3-88を展示している店を知らないので、東京都区内なら触れることができるであろう事を楽しみにしていました。しかし都内で私が足を運んだ数軒の楽器店はいずれもM3-88を置いていなかったので、結局、前から一度行ってみたいと思っていた東京都稲城市にあるコルグさんのショールームに足を運びました。

 鍵盤を弾いた感触そのものは、ショールーム内にあったOASYS 88、TR 88のRH2鍵盤と変わらない感じがしました。かつてT1からTRINITY pro Xに変えた時、鍵盤の感触の悪さや反応が遅くなった事に失望したのですが、平成14(2002)年に登場したTRITON STUDIO 88のRH2鍵盤の感触は、指の動きにしっかり追従してくれるので、細やかな強弱が付け易く、単にフィルターの開き具合や音量だけでなくEGの各要素をベロシティでコントロールする事の多い身には、より演奏意図に沿ってくれる鍵盤だと思いました。そしてM3-88のRH3鍵盤もその弾き心地を踏襲してくれていました。

 それに加えてM3-88のRH3鍵盤は押鍵/離鍵の反応がとにかく速く、M3-61で練った設定ではEGのアタックタイムもリリースタイムも速過ぎて、音が途切れ途切れになってしまいます。すぐそばにあったTR 61及び88でも同じ音を作ってみたのですが、M3-61と-88ほどの大きな差異は感じられませんでした。

 私はシンセリードや吹奏系の音のシミュレーションに関して、かなりリリースタイムを短めに設定します。スタッカートを弾きやすくする為ですが、同じ意図をそのままM3-88に持ち込むと、今度は逆にレガートが弾きづらくなりました。もちろんEGの設定や奏法を一考する事で、逆に他の鍵盤以上に弾きやすくなりました。

 RH3とRH2のこの差異が鍵盤のメカニズムの物理的な違いによるものか、鍵盤とシンセエンジン部分に関するソフトウェア上の事情によるものかは分からないのですが、私のRH3鍵盤に対する興味を決定的なものにしました。

 付記しておくと、M3-88はTRINITY pro XやTRITON STUDIO 88と違い、重量が30kgを切って26.5kgと若干の軽量化が進んでいます。廉価機のTRITON Le 88、TR 88の24.1kgに近い重さです。いつ床が抜けるか分からない私の部屋にも置けるのではないかと思っています。

 がんばってM3-88を買うか、将来、M3 Le-88?が登場する事を期待して待つか、思案しています。


追記。

 M3 Le?は、平成20(2008)年秋、M50という形で実現しました。

 KORG M3 XPANDEDKORG M3 XP-88試奏記KORG M3 XP-73試奏記に続きます。


KORG M3
http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/M3/index.html

RH3鍵盤
(京都美山町で作られた高いクオリティの日本製鍵盤)
http://www.korg.co.jp/Product/DigitalPiano/RH3/

ショールーム
http://www.korg.co.jp/Showroom/
[PR]
by manewyemong | 2007-08-31 11:11 | シンセワールド | Comments(0)

「あのシンセサイザー奏者が出しているあのシンセサイザー音はあのシンセサイザーで出してんのか!いっちょあのシンセサイザー買いにいくか!」よりも、「価値あるものを買うのではなく自分で価値を作れる人間は強い」(岡崎武志「女子の古本屋」より)でありたいと思います。


by manewyemong