NEW POST

Roland Fantom G試奏記

 昨日発売されたワークステーション機Roland Fantom Gに、その夕刻、20分程度ですが触れて来ました。以下、雑感を記します。記事中に誤りがある可能性を念頭に置いてください。あくまで、参考までに…。

 61鍵機G6、76鍵機G7の鍵盤は、ローランドのカタログによると新開発されたものだそうですが、私が触れたFantom G7とその上に段違い平行で置かれていたRoland V-Synth GT(Roland V-Synth GT試奏記参照)を弾き比べてみて、もちろん約1年間楽器店の店頭に置かれているV-Synth GTの鍵盤の疲労による差異はあるものの、特段の感触の違いは感じられませんでした。私がこだわる鍵盤の静粛性に関して、若干Fantom G7の鍵盤の方が静かな気がしました。もちろんこれもV-Synth GTの鍵盤の疲労による差異の可能性もあります。

 Fantom G6/7の鍵盤は、アフタータッチの押し込み具合を繊細に感知してくれます。しかもどれだけ押し込まれているかを、画面右下に0〜127の数字とつまみの画像(KORG OASYS、R3等のつまみのようにライトがつまみの旋回に同期する)が表示されます。私の少々意地の悪い細やかな押し込み具合に対して、音も数値もつまみ画像もきっちりと追従してくれました。

 ただ、88鍵機Fantom G8の鍵盤は、感触はいいのですがお世辞にも静粛性に優れているとは言えず、カタカタという音が騒々しい楽器店の店頭でも聞こえました。それとアフタータッチはちょっと力を入れるとすぐに127まで行き、また緩めると0になってしまいます。アフタータッチを駆使するのには不向きな鍵盤だと思いました。

 液晶画面はこれまでよりも大型化していて、エディット画面の各ページが画面内に収まっています。ローランドのワークステーションの廉価機JUNO-Gは1ページが画面からはみ出ていて上下にスクロールする必要があります。

 ベンダーレバーのそばにTRINITY(KORG TRINITY plus導入記1KORG TRINITY plus導入記2参照)以降のコルグのワークステーション機やV-Synth GTのような二つのアサイナブルボタンが付きました。何度も書きますが私は演奏中これを頻繁に使います。

 Fantom-S以降のFantomシリーズの、機能はもちろんルックスをも特徴づけている16個の自照型ダイナミックパッドは、Fantom Gではテンキーにもなります。たしかこの機能、なぜか前モデルFantom Xの下位機Fantom Xaには付いていた記憶があります。ニューメリックボタンを押すと数字1〜10までのパッドが点灯します。数字10のパッドがテンキーの0に相当します。そしてテンキーが打たれるとROLL及びHOLDが点滅します。ROLLはキャンセル、HOLDがエンターです。V-Synth GTとは違い、パッチの呼び出しだけでなく各パラメーターの入力にも使えます。

 ただ、パソコンやコルグのワークステーション機のテンキーのような“押した”という感覚が指に伝わって来るものと違い、パッドの本来の役目である“叩く”という感じで打たないと数値が入らないように思えました。それと、やはりパソコンやコルグのワークステーション機のテンキーより大きいので手指の動作距離は大きくなります。

 V-Synth GTと同型のカーソルキーに囲われた形のダイヤルが採用されています。V-Synth GTを見た時に気に入った操作子だったので、今回のFantom G同様、JUNO-Gクラスの廉価機にも載せてほしいと思います。

 シンセサイザーエンジン部分は、オシレータ波形の増装以外に特に変化は無いようです。この膨大なオシレータ波形群、どうもFantom Xのものに加えてXV/Fantom旧シリーズ用のエクスパンションボードSRXのものを、半ば無造作に詰め合わせた感があります。本来一つのカテゴリーでまとまって並んでいるはずの波形が飛び石的に並んでいます。

 また、今まで同様コルグのワークステーション機のオシレータ波形のようなカテゴリー分けは為されていないので、一から音を作る場合、パッドのテンキー入力で最大4桁の波形番号を打ち込むか、ダイヤルやDEC/INCボタンでひたすら送っていくかして選択します。

 今まではオプションボードSR-JV-80-04及びSRX-07でのみ供給され、シンセサイザー本体に載ることのなかった波形VP-330ChoirA、VP-330ChoirB、VP-330ChoirCがFantom Gのオシレータにあり、 “VP-330 Chr”というプリセット音もありました。これらの波形はボコーダーRoland VP-330のヒューマンボイス部の音(うねりを帯びた男声風パッド音参照)をサンプリングしたものだと思うのですが、今回初めて聴いてみて、TRITON Extreme、microX、M3M50等のオシレータやTRITONシリーズ/KARMA用のオプションボードEXB-PCM05 Vintage Archiveに入っているVocorder-VPの方が、VP-330のヒューマンボイス部の音に近い感じがしました。

 近々せんせいしょんのアルバム「桃源郷」(アルバム「桃源郷」123参照)のいくつかの収録曲で使われている、あるシンセ音を採り上げようと思っていたのですが、Fantom Gのプリセット音の中に似たパッチを見つけました。セッティングが基本的にまさに私が考察していたとおりの内容だったので、その記事の中で触れたいと思っています。

 Fantom Gは、全体的に何かしらの新発想を内包しているというよりは、既存の機能を力技で増大させた、といった印象を受けました。このモデルの影響を受けた廉価機(名称はやはり“Fantom Ga”か?)の登場に期待します。


Roland Fantom G6
http://www.roland.co.jp/products/fantom-g6/

Roland Fantom G7
http://www.roland.co.jp/products/fantom-g7/

Roland Fantom G8
http://www.roland.co.jp/products/fantom-g8/

Roland Fantom Xa
http://www.roland.co.jp/products/mi/
Fantom-Xa.html

[PR]
by manewyemong | 2008-03-29 06:57 | シンセワールド | Comments(0)

「あのシンセサイザー奏者が出しているあのシンセサイザー音はあのシンセサイザーで出してんのか!いっちょあのシンセサイザー買いにいくか!」よりも、「価値あるものを買うのではなく自分で価値を作れる人間は強い」(岡崎武志「女子の古本屋」より)でありたいと思います。


by manewyemong