映画「プリンセストヨトミ」のエキストラをしてきました(3)

 8月26日に引き続き、映画「プリンセストヨトミ」のモブシーンのエキストラをしてきました。

 大阪国が起動して、大阪国民が府庁や大阪城公園を埋め尽くしたその最先端部分のシーン。我々の眼前には、主要な登場人物を演じる役者さん達がそろっていました。

 撮影の照明が当てられた故に、大阪府庁舎の意匠を凝らした精緻なつくりをよく観察する事ができました。現代の行政施設としての価値は古くなったのかもしれませんが、今後も何らかの形でこの建物が活かされればと思います。

 エキストラは28日12時30分に集合し、夕刻にお弁当をいただき、撮影が終わった時は23時をまわっていました。

 いくら水分をとってもみんな汗になって出てしまうので、夕刻の休憩時に行った後、今朝までお手洗いに行きませんでした。

a0060052_9555828.jpg
 
 今回の記念品“太閤さんの天然水”。名称のロゴのバックに五七桐紋(ごひちのきりもん。映画「プリンセストヨトミ」のエキストラをしてきました参照)が入っています。

 来夏、この映画を観る事を楽しみにしています。僅かなりとも自分が関わった事や、スタッフや出演者の方々といった作品に携わっている人たちの労苦を間近に見た身には、やはり他の映画を観るのとは違う感慨を以て、スクリーンを見つめる事になると思います。

 映画「プリンセストヨトミ」を観ましたに続きます。

[PR]
by manewyemong | 2010-08-29 09:57 | | Comments(1)
Commented by ダラカニ at 2010-09-01 13:52 x
私も同じ場所にいました
3日間参加しました
おっさん達の熱意てなんだったんでしょうねぇ
たぶん大阪を愛する気持ちでしょう
一生忘れないと思います