訃報・スティーブ・ジョブズさん

 Macintoshシリーズ、iPod、iPhone、iPad等を製造しているApple(アップル)社の創業者であり、前最高経営責任者のスティーブ・ジョブズ(Steven Paul Jobs)さんが、10月5日(米国時間)亡くなりました。

a0060052_1251328.jpg
 
 私にとっての最初のパソコンであるMacintosh Classic(初めて20万円を切ったMac)を手にした平成3(1991)年正月、ジョブズさんは既にアップルコンピュータ(当時の社号)を去っていて、続くColor Classic II、Mac OS互換機、つまり他社機であるPIONEER MPC-LX100を経て、iMac revision.Aで復帰したジョブズさんのアップル製品を手にしました。

a0060052_126448.jpg
 
 先進性や親しみやすさを備えながら、ベージュ色のMacの頃、時にアップルコンピュータの危機が伝えられました。しかしジョブズさんの復帰後、ボンダイブルーのiMacや、ひょっこり現れて瞬く間に世界を席巻した感のあるiPod、KORG TRINITYの頃からすると隔世の感のある操作感のタッチビューを備えたiPhoneやiPadと、製品が繰り出される度、ベージュ色Mac時代と比べてアップルという集団のイメージが強く明るく変わっていくのを、ひしひしと感じました。

 私は平成12(2000)年の早い時期、二枚貝型iBookのグラファイトカラー機が発表された幕張での催しで、ジョブズさんをお見かけしました。壇上で新型機の説明をした後、会場を一巡していらしたのですが、とにかくたかれるカメラのフラッシュが凄まじく、すぐ目の前を歩かれたのですが、黒いシルエットが浮かんで見えただけでした。

 ソフトウェア関係の仕事をついこの間までしていながらも、とにかくコンピュータが嫌いな私が、まがりなりにもこうしてブログを設けてネット上に文章や画像を掲げる事ができるのは、平易な操作性と、文房具として卓上で過度に存在感を醸し出さない、アップル製品の造形の自然さ故だと思います。私はこれからも、Macをはじめアップル製品を使い続けざるをえないと思います。

 スティーブ・ジョブズさんに感謝いたします。


アップル(日本)
http://www.apple.com/jp/

 平成23(2011)年10月6日12時現在、アップルのサイトのトップにはスティーブ・ジョブズさんの遺影が置かれ、クリックすると、追悼文が掲げられた

http://www.apple.com/jp/stevejobs/

へと続きます。

a0060052_905720.jpg
 
 平成23(2011)年10月12日、アップルストア心斎橋店さんにて。

[PR]
by manewyemong | 2011-10-06 12:12 | シンセワールド | Comments(0)