平成28(2016)12月15日、コルグはワークステーション機、KORG KRONOS LSを発表しました。

a0060052_14190472.jpg
 
a0060052_14210801.jpg

 KRONOS LSは、先の2016楽器フェアのおり、ARP ODYSSEY FSとともに参考出品されました。

 KRONOS LSは88鍵機のみで、その鍵盤は新たに設計されたLS鍵盤です。これまでKRONOS 8873で採られてきたハンマーアクションタイプのRH3ではなく、セミウェイトタイプのいわゆるシンセ鍵盤なのですが、KORG M3 KYBDアセンブリやKRONOSの61鍵機で採られてきた鍵盤よりも、ベロシティの制御がし易いようです。ただし、アフタータッチはありません。

 鍵盤がハンマーアクションタイプではない事もあり、KRONOS LSの重量は、17.8kg。KORG TRITON STUDIO 61の17.2kgとあまり変わりがありません。

a0060052_14214698.jpg
 
 筐体の色は阪急電車の車体のような上品な色をしています。

a0060052_14221487.jpg
 
 側面の化粧板の模様は、某社電気ギターのボディを彷彿とさせます。この化粧板は木製であるが故に、KRONOS LSの各個体毎の木目等に微妙な違いが出るようです。

 また、システムは3.1で、これは今後、これまでのKRONOSシリーズと共用されるものと思われます。つまり、KRONOS LSのシンセサイザーエンジンやシーケンサーといった仕様は、これまでのKRONOSシリーズと同じです。コルグ及びサードパーティ製のサウンドライブラリも使えるはずです。鍵盤の所で記述した通り、KRONOS LSの鍵盤からアフタータッチを採る事はできません。


a0060052_14203708.jpg

 KORG KRONOS LS、発売日平成28(2016)年12月24日、価格278,100円(税込)。


平成28(2016)年12月25日追記。

 数分ですがKORG KRONOS LSに触れることができました。M3 KYBDアセンブリ-61、73やKRONOS 61の鍵盤に比して、鍵盤を押し下げる時に若干のコツコツ当たる感じがある他は、感触そのものにあまり違いが無いような気がしました。

 私はM3 KYBDアセンブリ-61、73やKRONOS 61の鍵盤とならんで結構気に入ったのですが、シンセサイザー使用の第一目的がピアノの真似だという人にとっては、感触の剛性に物足りなさを感じるかもしれません。

 私が試奏させていただいた楽器店さんは、すぐ横にRH3鍵盤のKRONOS 2 73、88が設置されていたのですが、可搬性以外にLSの優位性を見出せませんでした。しかしながら価格はLSの方が上でした。


平成29(2017)10月11日追記。

 平成29年5月2日、NU茶屋町5Fのイシバシ楽器梅田店さんが、同ビル2Fでシンセや電子ドラムの特別展示をされたおり、撮らせていただいた画像を追加しました。

a0060052_21520337.jpg

a0060052_21523434.jpg

a0060052_21525375.jpg

a0060052_21531012.jpg


KORG KRONOS LS
http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/kronos2_ls/

[PR]
 平成28(2016)年11月4日から6日まで東京ビッグサイトで催されている楽器見本市2016楽器フェアに行ってきました。

 私は11月3日から5日まで上京していたのですが、そのうちの4、5日をこの催しの参観に充てました。詳らかな事は書けないのですが、関心を持ったものについて至極簡単に記したいと思います。

a0060052_14060042.jpg
 
 コルグのブース。

 楽器フェスティバル2008では、池袋サンシャインとは別に、今は亡きトヨタアミュラックスホールにブースを置いていたのですが、今回はブースを完全に囲って隔離する形でした。

 2016楽器フェア直前に、モノフォニックアナログシンセサイザーKORG monologueが発表された事もあってか、シンセサイザー関連のブースでは、ここに最も多くの人が来ていた印象があります。

a0060052_14065750.jpg


a0060052_14072612.jpg
 
 KORG monologue-RD(赤)。

a0060052_14075782.jpg


a0060052_14082280.jpg
 
 KORG monologue-GD(金色)。

 KORG monologueは、2016楽器フェア直前に発表されたアナログモノフォニックシンセ。展示会場には他にmonologue-BL(ダークブルー)、monologue-BK(BKカラー)が試奏用に設置され、monologue-SL(銀)はデモンストレーション用としてコルグブースのステージBでも使われていました。

 マイクロチューニング機能はデジタルシンセでは珍しくないのですが、アナログシンセの場合、かつてKORG PS3000シリーズのテンパーメントアジャストを想起させられます。

 押鍵中だけ実行されるモードがあるモーションシーケンサーは、様々なディスティネーションに充てる周期変化のソースたり得ると思います。押鍵中実行し続けるのだけでなく、1回だけ実行するなんてモードがあれば、周期変化だけでなく径時変化のソースとして使えるのですけど、調査し忘れました。

 KORG minilogue同様、ピッチベンドのレンジをダウン/アップ個別に設定する事ができます。

 ポルタメントのカーブはminilogueと異なり、非リニア変化だったような気がします。

 ちなみに語彙としての「monologue」には「独白」の意味があるそうです。

a0060052_11072452.jpg
 
 上手く撮れなかったのですが、これも2016楽器フェア直前に発表されたアナログモデリングシンセサイザーKingKORG BK。カラーリング以外変更点はなく、この発表に合わせたシステムのアップデートもありません。

 私は基本的に金色(こんじき)が好きなのですが、KingKORGの筐体の淡いシャンパンゴールドに絢爛さを感じられず、

a0060052_14104596.jpg

 むしろ黒地に金色の文字が描かれているKingKORG BKの姿に、我がデコラティブジャパン(絢爛な日本)感を刺激されてしまいます。デコラティブジャパン感の雄、豊臣秀吉の大坂城(大阪城)の色使いに通ずる気がします。ただ、いっその事micro KORG-BKBKのように白鍵も黒くしてしまった方が面白かったと思うのですけどね。

a0060052_14114999.jpg
 
 minimoog model D復刻機。

a0060052_14122165.jpg
 
 私が知っているminimoogとは、少し異なっています。

a0060052_18043210.jpg


a0060052_08520270.jpg


a0060052_14135662.jpg
 
 パッチングのソースとディスティネーションを指定するマトリックス。ただただ、壮観。

a0060052_14142821.jpg
 
 オクターブトランスポーズ、ポルタメント(グライド)のオン/オフ及びレイトの設定、発声の低着/高着/後着優先に関する選択等の操作子が、ホイールのそばに集約されています。私はここも気に入りました。

a0060052_14150366.jpg
 
 アナログリズムマシンARTURIA DRUMBRUTE。こういうものの使い方が分からないながら適当に触ってみたところ、民族音楽みたいな土俗的なリズムが出来てしまいました。

a0060052_14172460.jpg
 
 ARP ODYSSEY Module Rev.1

 2016楽器フェア直前に既に販売が開始されているのですが、実機を見るのは今回が初めてです。

a0060052_14190472.jpg
 
 参考出品機ARP ODYSSEY FS及びKORG KRONOS LS。

a0060052_14194038.jpg


a0060052_14200551.jpg
 
 ARP ODYSSEY FSは、ローパスフィルターをリビジョン1〜3から選べる事やプロポーショナルピッチコントロールがある事等から、Rev.1の復刻ではなく、86%にダウンサイジングして復刻したKORG ARP ODYSSEY Rev.1を、逆に約116.279%にアップサイジングしたアナログシンセサイザーといえると思います。

a0060052_14203708.jpg
 
 ワークステーション機KORG KRONOS LS

a0060052_14210801.jpg

 88鍵機ながらKORG KRONOS 2 88等のRH3(KORG M3-88試奏記参照)ではなく、軽い感触の鍵盤を採っているようです。

a0060052_14214698.jpg
 
 筐体は光沢のある小豆色(あずきいろ)。京阪神地区の人なら、阪急電車を思うかもしれません。

a0060052_14221487.jpg
 
 側面のこの化粧板に、某社電気ギターを想う人もいると思います。

a0060052_14224863.jpg


a0060052_14230800.jpg
 
 VOX Continental。

 REON(レオン)のブース。

a0060052_14251467.jpg
 
 プログラマブルオーディオ/CVミキサーREON drift box C。

 こういうモデルがKORG volcaシリーズから登場する事を希求する向きがあるかと思います。

a0060052_14254936.jpg
 
 REON drift box W。

 計5本あるジョイスティックでどんな事ができるのか想像がつかないのですが、なんだかエグい表現ができそう。

a0060052_14265208.jpg
 
 先般復刻されたmoog system 55や35と雰囲気が似ているシステムシンセサイザー。気のせいか木の部分の仕上げが、私がこれまで見てきたREONのモーグシステムシンセ型システムシンセよりも上手くなっているような気がします。

 なお、今般REONは、クラウドファンディングという形でのREON driftbox X ユーザーカスタマイズ型”ビルトイン”シンセサイザーの開発計画を発表しています。詳しくはこちらREON driftbox X ユーザーカスタマイズ型”ビルトイン”シンセサイザーの開発(https://www.booster-parco.com/project/117)をご覧ください。

a0060052_14274103.jpg
 
 冨田勲さんのお使いになったシンセサイザーなどの機材を展示したTOMITA MEMORIAL MUSEUM。

a0060052_14280503.jpg
 
 全景。

 中央のmoog III c(モーグスリーコンソール)のみ冨田さん所蔵のものではなく、モジュールの構成からおそらくKYOTO FESTIVAL of MODULAR 2015に展示されていた個体だと思われます。

a0060052_14284071.jpg
 
 システムシンセサイザーKORG MS-50とMollotron 400。

 MS-50がどういう使われ方をしたのかはわからないのですが、冨田さんのアルバムのリーフレットの写真に、冨田さんと一緒に映り込んでいる事が多いシンセです。「風の又三郎 ガラスのマント」オリジナルサントラ盤に至っては裏ジャケットに一緒に写っています。

 MS-50の「KORG SYNTHESIZER」のロゴの下に、「TOMITA」というテプラが貼ってあるのですが、冨田勲さん手づから打たれたのではないかとの事でした。

 Mollotron 400は、冨田さんの作品のあの壮大な人声を担った楽器です。単純にMollotron 400の多重録音ではなく、モーグのシステムシンセに通してお使いでした。ある意味、後述するカシオコスモシンセサイザーの使い方に近いと言えるかもしれません。

a0060052_14291945.jpg
 
 ポリフォニックアナログシンセサイザーYAMAHA CS-80のリアパネル側。

a0060052_14294329.jpg
 
 このCS-80は、デジタルシーケンサーRoland MC-8の音源として使う事ができるように改造されています。

a0060052_08094366.jpg
 
 SEQUENTIAL CIRCUTS prophet-5。アルバム「大峡谷」では、オーボエやクラリネット、チェレスタでクレジットされています。ヒートシンクが付いたリビジョンなのですが、たしかMIDIはありませんでした。

a0060052_08101885.jpg
 
 ヒートシンクと「prophet-5」のロゴプレート。

a0060052_08191309.jpg
 
 prophet-5の下に設置されていたRoland JUPITER-8。冨田さんの作品にクレジットされているのを見た事は無いのですが、昭和57(1982)年のいくつかの雑誌グラビアで、高輪の冨田さんのスタジオにあるのを見ました。

 JUPITER-8は昨年、Roland Boutique JP-08という形で蘇りました。またRoland AIRA SYSTEM-8に、PLUG-OUT JUPITER-8が用意されています。

a0060052_14301706.jpg
 
 CASIO COSMO SYNTHESIZER。

 カシオが作ったデジタルシンセサイザー試作機。

 冨田勲さんのアルバム「ドーンコーラス」で、獅子座AD星等変光星の明滅のグラフを、デジタイザータブレットを使ってこのコスモシンセサイザーへ読みこんでオシレータ波形の1セグメントとし、モーグやローランドのシステムシンセサイザーへ送り、そのシステムシンセをRoland MC-8、MC-4で演奏するという形が採られました。デジタルのコスモシンセサイザーとアナログのシステムシンセ群で、一つのハイブリッドシンセを形成したという見方もできると思います。

a0060052_14304774.jpg
 
 コスモシンセサイザーを構成するユニットの一つ、サンプラーZZ-1。

 フロントパネルの透明部分に、TOMITA MEMORIAL MUSEUMの近くにあったカシオのブースの「CASIO」が逆さまに「OISAC」となって映り込んでしまいました。

 このCASIO COSMO SYNTHESIZER開発で得た技術が、デジタルシンセCASIO CZシリーズ、サンプラーFZシリーズとして製品化されたのだと思います。

 4日12時に催されたTOMITA MEMORIAL MUSEUMステージでの第1回のトークライブ終了後、私の横に、晩年の冨田勲さん以上にアルバム「ダフニスとクロエ」「大峡谷」等のリーフレットの冨田さんによく似た方が立っておられました。多分、以前ビールのTVCMに出演されていたあの方だと思うのですが…。

 2016楽器フェアで、私は結局シンセサイザー関連のブースしか体験できなかったのですが、それにしても、シンセサイザーという楽器に淫した人が、地球上にまだかくも数多いるという事をあらためて実感いたしました。

 21世紀に入ってシンセは終わったという声を聞かなくもないのですが、アナログシンセ廉価機や黎明期のモデルの復刻機からワークステーション機、ソフトシンセと、今ほど使う側の我々にとって広大な選択肢が用意された華やかな時代は過去に無かったと思います。あとは使う側の我々次第だと思います。

 一つシンセとは関係がない事を付記すると、特に2016楽器フェア2日目の5日土曜日、アコースティック/電子を問わずドラムメーカー各社の試奏コーナーで、幾人ものちびっ子ドラマーを見ました。とにかくバチさばきやキックが上手い事と、表情の真剣さに感じ入りました。


2016楽器フェア
http://musicfair.jp/2016/

「2016楽器フェア」コルグ/KID出展のお知らせ
http://www.korg.com/jp/news/2016/1013/

KORG monologue

KingKORG BK

minimoog model D復刻機

ARTURIA MATRIXBRUTE

ARTURIA DRUMBRUTE

ARP ODYSSEY Module

TOMITA MEMORIAL MUSEUM
http://musicfair.jp/2016/synth-fest16/#tomita

REON
http://www.minet.jp/brand/reon/

REON driftbox X ユーザーカスタマイズ型”ビルトイン”シンセサイザーの開発
https://www.booster-parco.com/project/117

[PR]
 先般製造が終了したアナログモデリングシンセサイザーKingKORGが、平成28(2016)年11月1日、筐体の色が黒になったKingKORG BKとして復活する事が発表されました。

 KingKORGに関して、かつてKingKORG試奏記(1)KingKORG試奏記(2)を記しました。

a0060052_11072452.jpg
 
 筐体がBKカラーである事、文字が金色である事以外は、KingKORG旧機と同じです。

 どうせならmicro KORG-BKBKのように、白鍵も黒にしてしまえばと思うのですけどね。

a0060052_14104596.jpg
 
 私は淡いシャンパンゴールドよりも、この文字の厳かな感じの金色(こんじき)が好きです。

a0060052_10123439.jpg
 
 KORG KROSSの文字のこの色と似ていると思います。

 現在放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」の影響かもしれませんが、私はKingKORG BKの全体の色使いにおいて、何だか豊臣期の大坂城(大阪城)の風味を感じてしまいます。

 KingKORG BKの発売日は11月27日(日)、価格は税込99,900円。

 なお、KingKORG BK発表にあたって、システムのアップデートはありませんでした。


平成28(2016)年11月7日追記。

 11月4日から6日まで東京ビッグサイト催された2016楽器フェアで撮影したKingKORG BKの画像を載せました。


a0060052_08534480.jpg


a0060052_08541344.jpg


KingKORG

[PR]
a0060052_19493030.jpg
 
 implant4さんでアナログモデリングシンセサイザーmicro KORG GDを試奏させていただきました。平成28(2016)年9月26日の時点で、在庫リストにあります。


a0060052_19501237.jpg
 
 micro KORG GD発表時、micro KORG GD及びKORG KROME-61のカラーバリエーション機が出ますで採り上げています。

 カラーリング以外、micro KORGとの違いは無いので、画像の掲載のみとします。


a0060052_19504895.jpg
 
 全景。こうして見ると、つまみの縁(へり)の部分とホイール以外、黒色がありません。


a0060052_19511715.jpg
 
 ホイール。筐体の部分がチョコレート色だという事がわかります。


a0060052_19514422.jpg
 
 鍵盤。見えにくいのですが、黒鍵は筐体と同じくチョコレート色です。


a0060052_09272616.jpg


a0060052_09275267.jpg


a0060052_09281992.jpg
 
 フロントパネル。


a0060052_19521455.jpg


a0060052_19523814.jpg
 
 つまみのトップは、文字通り金色(こんじき)です。


a0060052_09345933.jpg
 
 コルグのアナログモデリングシンセ伝統ともいうべき、操作子が指した数値と操作されたパラメータの保存値が一致すると点灯する、オリジナルバリューランプ。


a0060052_19535040.jpg


a0060052_19542270.jpg
 
 リアパネル側もチョコレート色です。

 私は平成24(2012)年11月14日にアップしたmicro KORG-BKBKを見せていただきましたで、
来る平成25(2013)年、コルグは創業50周年なのですが、もしそれに合わせてmicro KORGの記念モデルを作るとしたら、デコラティブジャパン(絢爛なる日本)感を美意識の中心に据えている私としては、金箔や漆をベースにした、安土桃山時代の威風を感じるようなゴージャスなmicro KORGをと思うのですが…。ワークステーション機はともかく、micro KORGの金箔/漆の蒔絵モデルなら、もしかしたら買えるかもしれません。ちなみにモーグからminimoog voyager10周年記念として、フロントパネルに金を施されたゴージャスなモデルが発表されています。目に眩いシンセサイザーです。
としました。

 そして平成25年9月5日、
我が目を疑うような姿、

安土桃山時代の威風を感じる

micro KORG GDが発表されたのですが、罰当たりな事に、買い損ねてしまいました。本当に東京都稲城市のコルグさんの方角へ足を向けて寝られません。

 そして、平成28(2016)年9月25日、microKORG Sが発売されました。私は既に試奏しましたが、micro KORG GDとは異なる華(はな)を感じました。

 C、Dバンクが増えたという性能差を考えると、microKORG Sかなと思う一方、信じがたいほど我が意が体現されたmicro KORG GDをとも思えます。もはや中古機を探すしか無いのですけどね。


a0060052_19555834.jpg


[PR]
 平成28(2016)年9月10日、ローランドは、アナログモデリングシンセサイザーRoland AIRA SYSTEM-8を発表しました。

 一見して、Roland AIRA SYSTEM-1の姿やパラメーター構成がベースになっていると思うのですが、ここではSYSTEM-8になって変わった点を中心に書きたいと思います。

 鍵盤数が49になっていて、ベロシティがあります。ただし、そのディスティネーションは、カットオフフリケンシーの開き具合と音量だけです。また、ベロシティオフボタンで設定を無効化する事もできます。

 コントローラーがローランドの伝統的なベンダーレバーになっています。ピッチやカットオフのベンドのレンジやモジュレーションの感度をベンダーレバーの近くで設定できます。残念ながらRoland GAIA SH-01JD-XiJD-XAとは異なり、SYSTEM-1と同じくSYSTEM-8もピッチベンドレンジをダウン/アップ個別に設定する事はできません。

 フロントパネル中央近くに画面があり、その左横にシフトキーとメニューボタン、右側にバリューつまみ、カーソルボタン、確定ボタンが配されています。おそらく、音色設定操作子を動かすとバリューの変化が表示されると思います。

 64ステップのシーケンサーがあります。打ち込み方はステップだけでなく、リアルタイムも可能です。SYSTEM-8のこの内蔵シーケンサーの操作子に関して、ふとRoland SH-101のそれを思い出しました。

 アルペジエータ、コードメモリーがあります。

 MIDI IN OUT、USB Type Bに加えて、ミニタイプのCV OUT、GATE OUTがあります。もちろん、OCT/Vです。Roland SYSTEM-500等に使えると思います。

 シンセサイザーエンジン部分のSYSTEM-1からの変更点を見ていきたいと思います。

 LFOは、波形にバリエーション1〜3まであり、1にはSYSTEM-1と同じもの、2と3には各々6タイプがあります。

 オシレータ1、2の波形にもバリエーションが加わっています。バリエーション1でSYSTEM-1と同じ波形、2にはシステムのバージョンアップ時に加わった六つの波形があります。SYSTEM-1、SYSTEM-1mの場合、この六つの波形はレガートボタン+ 波形つまみで選択します。

 ローランドの現行機のSuperNATURALシンセトーン、アナログシンセのPWMのソースが、LFOしかない中にあって、SYSTEM-1はカラーのソースという形で豊富にあります。アナログシンセ時代、私は撥弦系の音にENV変調のPWMを使ったのですが、SYSTEM-8で発声数が8になった事はさらにありがたい。

 話が逸れるのですが、SYSTEM-1、SYSTEM-1m、そしてこのSYSTEM-8のバリエーション1にある三角波2が、GAIA SH-01やSuperNATURALシンセトーンの三角波B、ローランドのPCMのオシレータ波形700トライアングルと同一のものなのかをいつも確認し忘れてしまいます。これらはmini KORG 700、700Sの三角波を模したものと思われるのですが、いずれSYSTEM-8試奏の折に確認したいと思います。

 SYSTEM-8で新たに加わったオシレータ3/サブオシレータは、単に1、2オクターブ下の音を加えるだけでなく、波形をサイン波/三角波から選べます。また、オシレータ1、2同様カラーで波形を変調できます。ただしソースに関するパラメーターが無い事からマニュアル変調のみと思われます。

 オシレータミキサーがオシレータ間の割合では無く各々のレベルを設定する事から、SYSTEM-1同様、フィルターが自己発振するものと思われます。

 フィルターにもバリエーションがあり、1にはこれまでのフィルタータイプが、そして2は新たの6種のタイプが選べます。

 古くはRoland JUPITER-8、その後、SH-201を経て、最近ではBoutique JP-08にまで続くアッパー/ロワーが、パフォーマンスモード時のSYSTEM-8にもあります。エディットや発声をそろってするか否かを選べます。例えばオートベンドの有る無しを設定して、演奏時にオン/オフの代わりに使うといった事ができます。アッパー/ロワーがある事は、次に記すPLUG-OUTにJUPITER-8がある事も関わっていると思います。

 AIRA SYSTEM-1の特徴として、パソコンを通じて専用のソフトシンセを持ってくるPLUG-OUTがありますが、SYSTEM-8はこれが3種入るようになっています。付属としてJUPITER-8、JUNO-106モデルが用意されます。

 一見、姿もパラメータ構成も似たSYSTEM-1とSYSTEM-8が、奏者やマニピュレータが見えない世界では、かなり異質の存在である可能性があります。あるいはそれは、試奏すればわかる事なのかもしれません。

 かつてRoland AIRA SYSTEM-1が発表された時、特にキーボーディスト諸賢の中に、今回のSYSTEM-8のような姿のシンセを脳裏に描き、その登場を希求した向きも多いのではないでしょうか。キーボーディスト諸賢ではない私もその一人です。弾く人にとってSYSTEM-1は本来かくあれかしと考えたそのままが、SYSTEM-8として具現化した感があります。

 Roland AIRA SYSTEM-8の価格は159,840円(税込)、発売日は平成28(2016)年9月23日です。

 Roland AIRA SYSTEM-8試奏記に続きます。


Roland AIRA SYSTEM-8
https://www.roland.com/jp/products/system-8/

[PR]
a0060052_10131544.jpg
 
 平成28(2016)年9月10日、ローランドは、デジタルボコーダーRoland Boutique VP-03を発表しました。

 ボコーダーの名機中の名機ともいべきRoland VP-330 Vocoder Plusを、ACBで再現したモデルです。

 VP-330同様、ボコーダー部、ヒューマンボイス部、ストリングス部で構成されています。

 3セクションともパラメーター構成に関してVP-330を踏襲しているのですが、アッパー/ロワーという考え方は無いようです。

 3セクションで共用するビブラートの周期変化及び周期変化の径時変化のソースとして、レイト、ディレイタイム、デプスがあります。

 径時変化のソースとして、3セクションでリリースタイムを共用し、ヒューマンボイスとストリングスに各々アタックタイムがあります。

 VP-330はたしかパラフォニックだったのですが、VP-03がそれを踏襲しているか否かわかりません。周期変化及び径時変化のソースが発声数分あるとありがたいのですけどね。理由はアナログポリシンセのLFOをつぶやくに書きました。

 ボコーダーとヒューマンボイス用の内蔵エフェクターとして、アンサンブルがあります。

 以上は、概ねVP-330と共通している部分です。

 Roland Boutique VP-03の大まかな姿は、これまでのBoutique(JP-08JX-03JU-06)に連なるものですが、ボコーダーらしく着脱式のグースネックマイクが付属します。

 VP-03の操作子の形状は、メモリーボタンや自照型スライダーは、これまでのBoutiqueのものを踏襲しているのですが、ボコーダー、ヒューマンボイス、ストリングスの各セクションにあるボタンは、VP-330の後期型を模した感じがします。

 16ステップのシーケンサーとコードメモリーがあります。組み合わせると面白いと思います。

 Roland VP-330 Vocoder Plusは、1980年代初頭、後にニューエイジと銘打たれる音楽の演奏家から多用されました。

 私はVP-330が現行機として音が出せる状態で楽器店に展示されていた頃、喜多郎さんの「夜明け」(アルバム「絲綢之路II」)の「ハァーアーアーアー、シャンラァ〜イズッ」や、姫神せんせいしょんの「赤い櫛」アルバム「遠野」より)の「シャーッシャッシャーッ…」のフレーズを弾き唄いました。ボコーダーは発声者の音程は関係無いのですけど、いつも、つい唄ってしまいました。

 喜多郎さんの「天地創造神」アルバム「絲綢之路」より)や「時空間」(「絲綢之路II」より)は、VP-330のヒューマンボイスが曲の肝の部分を担っています。多重録音の方法を一考しているのか、輪郭がぼんやりしているのにアンサンブル感が他の演奏家より増していて、独特の夢幻感を醸し出しています。

 姫神せんせいしょんのアルバム「奥の細道」の収録曲の多くで、フェイズシフターがかけられたVP-330のヒューマンボイスが使われた事を、うねりを帯びた男声風パッド音 Roland VP-330に書きました。

 ヴァンゲリスさんの音楽を聴かない人でも、平成26(2014)年11月、高倉健さん逝去のおり、その追悼としてテレビ放映された「南極物語」で、VP-330のヒューマンボイスが多用されていた事を知った人は多いと思います。

 Roland VP-330 Vocoder Plus、というかボコーダーは、マニピュレーションという点において、奏者やマニピュレータの個性を汲むという類の電子楽器ではないと思います。しかしながら、ステレオ音場の両端で、あるいは奥の方で、これが鳴ると、音楽に深遠さが加味されるような気がします。

 数多のシンセサイザーメーカーが、シンセサイザーにその1機能としてボコーダーを搭載する事は珍しくないのですが、結局のところ、多くの人がVP-330を礼賛し、それに対する回答として、ボコーダー単体機としてのVP-03が現れた感があります。

a0060052_10142757.jpg

 Roland Boutique VP-03の価格は45,000円(税別)。発売日は平成28(2016)年9月23日。


平成28(2016)年11月30日追記。

 本文中に、2016楽器フェアで撮った画像を追加しました。


Roland Boutique VP-03
https://www.roland.com/jp/products/vp-03/

Roland Boutique
https://www.roland.com/jp/promos/roland_boutique/

[PR]